bitflyer-rolls-visa-powered-bitcoin-prepaid-card-japan


ビットコイン(BCH SV)が64MBのブロック生成に成功した事に基づいて、bComm協会はそのスケーリング計画をリリース

ブロックキャップ制限を6ヵ月で512 MB、12ヵ月で1 GBとすることで、将来デフォルトブロックサイズの制限を完全に廃止する

計画された数値は、ネットワークの能力が今日必要とされるものをはるかに超えていることを意味し、将来の需要のためにネットワークを十分に準備することを意味する。

512MBのブロック制限は、リップル、エテリアム、BTC、その他すべてのブロックチェーン、さらにはPayPal以上で、最大2,000トランザクション/秒(TPS)を可能に(Rippleは実験上で1,500 TPSを解決できますが、実利用では175 TPS)

ネットワークが最終的に2GBサイズのブロック容量に拡大すると、それは8,000 TPSとなり、これはグローバルVisaネットワークと同じレベル

現場に新しいトークン化ソリューションが登場すれば、大規模なブロックによって世界中の大企業がトークンを大規模に行うことが可能に

Bitcoinブロック報酬が2年以内に半分になる予定で、マイナーは利益を残すために取引手数料をより多く獲得する必要があります。より多くのデータを必要とする複雑な取引タイプは、鉱夫がブロックの報酬を補うために、より多くの取引を獲得するのに役立ちます。

ウォルマートは現在、世界的にEDI取引で1.4兆ドルを実行しています。大規模なオン・チェーン・スケーリング用に設計されたBitcoin SV実装は、それらを処理する準備が整います。

記事抜粋 全文を読む


1541684294426
確かに現在の仮想通貨取引の現状ではブロックサイズ拡張はいらないかも知れませんが、FIATやVISAやmasterといった現在主流の取引手段に取って代わる為にはより早く準備をする必要があるはずですね。もたもたやってたらあっという間に既得権益を推してる人達に潰されるのは目に見えてますから。

今はハード的にもソフト的にもエラーやバクが発生する事も多いと思いますが、これから文中にもありますようにウォルマートレベルで採用されてからバクやエラーが発生したら「やっぱり仮想通貨は使えない」と叩かれるのは確実なので、より早く実験を重ねて世界中で使えて、尚且つ現在使われているお金よりも安全で使いやすいお金にしてから世に出して貰いたいですね。


20181103_2130_58085

ビットコインキャッシュは、サトシ・ナカモトの”Peer-to-Peer Electronic Cash”というビットコインのオリジナルのビジョンを実現し、この世界に信頼できるお金をもたらします。企業もユーザーも、わずかな手数料だけで確実な送金が可能になります。

無制限の成長、世界的な採用、規制のないイノベーション、および分散型開発。これらによりビットコインキャッシュの未来は光り輝いています。

世界中のどこからでもアクセス可能な、信頼できる通貨の創造を前進させるため、ビットコインキャッシュのコミュニティには誰もが参加できます。
(
Bitcoin Cash公式サイトより)

現在のBitcoinCash価格





「Bitcoin Cashニュース速報」人気記事