calvin-ayre-bitcoin-bch-mining-3


億万長者の起業家でBitcoin Cash SV(BCH SV)のサポーターでもあるカルビン・エアー氏は、11月23日に発行された記事で、このコイン(BCHSV)は「Bitcoin Cash」という名前はもはや望んでいないと宣言した。

"Bitcoin SVはオリジナルのBitcoin CashではなくオリジナルのBitcoinです"

エアー氏はBitcoin Cash ABC を呼び出して、両者のチェーンを「恒久的に分割」して、「両者が勝つソリューション」を実現します。

エアー氏は「この(ハッシュウォーの)エピソードの終わりになる可能性がある」とBitcoin SVをBitcoin Cashから独立したコインとしてリリースするようにチームに指示したと語った

1541684294426
BitcoinSVは唯一無二のオリジナルのBitcoinを目指すようですね。ABCチームは「Bitcoin Cash」の名前が欲しいはずですから、確かにウィンウィンと言えそうな気もしますが、痛み分けみたいな状態にも見えますね。

分裂については双方の考えが違く、ABCチームからすると「クレイグ博士によって分裂が起こされた」という考え、SVチームからすると「BCHのハッシュを75%とっていたがロジャーバー氏の(BCHではなくBTCからの)レンタルハッシュによって分裂が起きた」という考え。どちらの面も確かにある事なのでどちらが悪いとかどちらのせいで分裂したとかでは無くお互いの意志で分裂したと私は考えます。

勿論、分割はして欲しくなかったのが本音では有りますが結果論としてここまで違う考えの両者が足の引っ張り合いや罵倒などをこれからもするくらいならまだ黎明期のこの時期にカルビンエアー氏の言うようにお互いやりたい事をやる為に別れておいて良かったと後々思えるような日がくる事を望みます。

明らかに理念が違う2つのコインなのでお互いに違う道でどちらが成功するのか見守りたいと思います。



20181103_2130_58085

ビットコインキャッシュは、サトシ・ナカモトの”Peer-to-Peer Electronic Cash”というビットコインのオリジナルのビジョンを実現し、この世界に信頼できるお金をもたらします。企業もユーザーも、わずかな手数料だけで確実な送金が可能になります。

無制限の成長、世界的な採用、規制のないイノベーション、および分散型開発。これらによりビットコインキャッシュの未来は光り輝いています。

世界中のどこからでもアクセス可能な、信頼できる通貨の創造を前進させるため、ビットコインキャッシュのコミュニティには誰もが参加できます。
(
Bitcoin Cash公式サイトより)

現在のBitcoinCash価格





「Bitcoin Cashニュース速報」人気記事