Screenshot_20181201-113141_Twitter


1541684294426
ついにBlackNet(nChainのジミーグエン氏によって「Metanet」に変更)についてクレイグ博士から発表がありましたね!


インターネットをサイドチェーン化というのはBitcoin(SV)ブロックチェーンがインターネットを媒体にして全ての情報(セキュリティ、顧客管理、支払い、IoT、著作権保護など)を管理するシステムのようですね。

5月のカンファレンスの時に「Bitcoinが全てのブロックチェーンをサイドチェーンに」とクレイグ博士が言ってたのも今回のMetanetについてだったのかもしれませんね。

確かに世界で50億人使う暗号通貨になるにはいつくらウォルマートや大手コンビニで採用されても限界がありますからね。

GoogleやFacebookやtwitter、Wikipediaなど現在は各企業が個別でアフィリエイトや寄付金などを使ってどうにか収益にしようとしていますが、これを全てBitcoin(SV)に統括する(収益以外の個人情報管理、セキュリティなども)ことが出来たら一気に需要が広がるのは間違いないですね。今は各国のフィアット(法定通貨)で各企業が収益を考えてますが世界共通のBitcoinであれば送金や手数料の面でも企業にメリットは沢山あると思います。

大企業側からしたらまだそんな「訳のわからない物」にすぐに飛びつく事は無いと思いますが、注目する企業は絶対あると思うし1つでも企業が採用したら一気に広がる気がします。

もちろんこれを行うのは各国の法に準拠するBitcoin(SV)にしか出来ないので、今回のこの発表の前に法に準拠して特許も取得している純粋なBitcoinを作りたかったのかもしれませんね。単に128MBへのビックブロック化を急いでた訳ではなくMetanetありきの話だったかも。

法律に関してもクレイグ博士やnChainのCEOジミーグエン氏は弁護士でもありますし、UDL(国際特許や訴訟、法律保護に強い知的財産会社)の協力も、得ているみたいなんでそこも安心ですね。

既にこのMetanetを利用したデビットカードにリンクしたBitcoinSV専用の銀行口座やサービスもBitstock社によって発表されたようです。これからどんどんMetanet関連のサービスが開始されそうで楽しみですね。


「Metanetが世界を変える」

一見話が大き過ぎて俄には信じ難いし、正直全てを理解するのはまだまだ無理ですが、これからどんどんサービスや採用が始まれば色々な事が明らかになっていくと思います。

そんな馬鹿な...と一蹴するのは簡単ですが、数ある未来の1つの形として私は期待したいし、これからも応援していきたいと思います💡昨日でBitcoin(SV)の世界が一気に広がったように感じるとても素晴らしいプレゼンでした👏

余談ですが、この発表の直前にP2PfoundationというSNSサイトに4年振りにサトシ・ナカモトが現れワグナー玉那覇氏(@wtamanaha)をフレンド登録し「nour」と呟き話題になっています。全然関係ない人がハッキングして書いた可能性もありますが、あの人だったら、この発表の前に呟いてサトシアピールしそうだなとも思いました(笑)


20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事