_89589661_a162925f-fa5c-49ad-a6e0-9d939b8bc497



1541684294426
先日クレイグ博士によって発表されたMetanetですが、未だ情報も少なく突拍子も無く大きい話なので皆様混乱している人も多そうなんで、今回はMetanet(元のBlackNet)の始まりについてちょっと紹介します。ちょっと長くなると思いますがお付き合い下さい。


Screenshot_20181203-175141_Chrome

1993年に登場し、あらゆる種類の情報の完全匿名の双方向の交換を可能にするシステムであるBlackNetは、実験的な「情報市場」である。国防総省の研究室のネットワーク上に存在するため、米国当局がこれを調査したという報告があります。

出典:
Crypto Anarchy and Virtual Communities
、Timothy C.発行、
1994年12月
Bitcoinの背後にあるアイデアは、1988年にTimothy C Mayによって30年前にリリースされた "The Crypto Anarchist Manifesto"に遡ることができます。 


ティモシー・メイは1980年代半ばからサイプルパンク・コミュニティーで活動してきた秘密主義者だった。

「コンピュータ技術は、個人や団体が完全に匿名のやり方で互いにコミュニケーションし、相互作用する能力を提供する寸前です」と彼は1988年のCrypto-Anarchist宣言で書きました。

BlackNetはWikiLeaksの先駆者のように運営され、トレーサビリティのないデジタルマネーによる支払いを伴う情報になる

引用:from  





クレイグ・ライトとティモシー・メイ
(2:39から開始)

JD:Bitcoinの世界全体にどうやって入ったのですか?あなたはおそらくゲームの早い段階にいたでしょう。

CW:私はずっとBitcoinの世界全体に関わってきました。私は90年代からセキュリティと暗号通貨の性質に関わってきました。私は90年代初めにTim Mayに会いましたが、すべての哲学の考え方は非常に私とは異なっていますが、いくつかの重複や類似点もあります。私は自分を、恐ろしいビジネスエコノミスト型の企業や小規模な政府を乗り越えることができる暗号アナキストだと思う。




夕食前に #752 を終えるところだ

Blacknet は解決します。新しい世界が始まります。





Bitcoinのスマートな未来:
人工知能(AI)、インテリジェントBot&Bitcoinネットワークが世界を変える
方法

Craig Wright
Bitcoinは「単に」決済の仕組みとしばしば見られるが、効率的で安全な接続されたネットワークであることで、これらのすばらしい変換を可能にします。」

Wrightは、1990年代後半の彼のプロジェクトの1つがBlacknetと呼ばれていると説明した。この名前は、今日の「暗いウェブ」や「暗いネット」と同じように理解されることを意図したものではなく、「100%プライベート」でユーザーは完全にコントロールされています。

iGamingスーパーショーのCraig Wright、2017年7月13日アムステルダム
http ://www.igamingbusiness.com



私はBlackNetがすぐに世界を席巻するという大胆な予測をしていない。ほとんどの人はこれらの方法を知らず、方法自体はまだ開発中です。「サイバースペースで生活する」という転換は、少なくとも数十年後には、カードにはない。

しかし、ますます大規模なグループにとって、ネットは現実のものです。ビジネスが交渉され、知的刺激がどこにあるのか、そして友人が作られる場所です。これらの人々の多くは、暗号無秩序ツールを使用しています。匿名のリメーラ、メッセージプール、情報市場。仮名を使用したコンサルティングが登場し始め、成長するはずです。

暗号の無秩序を止めることはできますか?未来の進化は未知であるが、現在の傾向が逆転する可能性は低いと思われる。

・帯域幅が大幅に増加し、個人所有のローカルコンピュータの電力が増加

・ネットユーザー数の指数関数的増加

・個人の選択、好み、望み、目標における「自由度」の爆発。

・中央政府が経済、文化の動向などを制御できない

インターネットは経済的な取引と一体的に結びついており、いかなる国もそれ自体から「切り離す」余裕はない。

さまざまな形のデジタルマネーは、この時点でおそらく最も弱いリンクです。他のほとんどの作品は、少なくとも基本的な形では動作していますが、デジタル現金は展開が難しいと思います。デジタルキャッシュシステムを使用することは容易ではありません。

実際のお金をそのようなシステムに委ねるのを嫌う。デジタルキャッシュで何が買えるのかはまだはっきりしていない(数年後に解決される可能性のある)

また、デジタル・キャッシュ、デジタル銀行などは、暗号の無秩序とデジタル経済の展開を制限する立法上の動きの標的になりそうです。銀行規制や税法を問わず、デジタルマネーの導入は容易ではないでしょう。

多くの作業が残っています。技術的暗号はまだすべての問題を解決しておらず、評判の役割(肯定的および否定的)はさらに研究が必要であり、これらの分野の多くを取り巻く実用的な問題はほとんど探究されていません。

デジタル・キャッシュに関する14の論文、The Economist、1994年11月26日。pp。21-23。

デジタル現金に関する15件の記事、Steven Levy、Wired。1994年12月。

出典:http : 
//groups.csail.mit.edu



投稿者:tcmay@netcom.com(Timothy C. May)
件名:Crypto Anarchist宣言
日時:Sun、22 Nov 92 12:11:24 PST
世界のサイファーパンクスへ

シリコンバレーに機能を集める「物理的なサイファーパンク」はより多くの会議に出て渡された材料でサイファーパンクリスト、スパイ、盗聴者、およびすべての全体読者に電子的に利用可能であることを要求しました。

1992年9月の創設会議で読んだ「クリプト・アナキスト・マニフェスト」です。それは1988年半ばまでさかのぼり、 "Crypto '88"カンファレンスで同じような考えを持つテクノアナーキストに配布され、その年の "Hackers Conference"で再び配布されました。私は後に1989年と1990年にこれについてハッカーたちに話しました。

私が変更したいことがいくつかありますが、歴史的な理由からそのままそのまま残しておきます。いくつかの用語はあなたには馴染みがないかもしれません...私が配布した暗号用語集が役立つことを願っています。

- ティム・メイ

 


クリプト・アナキスト・マニフェスト

Timothy C. May <tcmay@netcom.com>

コンピュータ技術は、個人やグループが完全に匿名のやり方で互いにコミュニケーションし相互作用する能力を提供しようとしている。

相手の真実の名前、または正当なアイデンティティを知らずに、メッセージを交換し、ビジネスを行い、電子契約を交渉することができます。

ネットワーク上の相互作用は、暗号化されたパケットの大幅な再ルーティングと、改ざんに対してほぼ完全な保証を持つ暗号プロトコルを実装した改ざん防止ボックスを介して、追跡できません。

今日の信用格付けよりも取引においてはるかに中心的な重要性を持つであろう。

この革命の技術は、社会経済の革命でもありますが、過去10年間理論的に存在していました。この方法は、公開鍵暗号化、ゼロ知識対話証明システム、相互作用、認証、および検証のためのさまざまなソフトウェアプロトコルに基づいています。焦点は今まで欧米の学術会議であり、会議は国家安全保障局(NSC)によって緊密に監視されていた。しかし、最近では、コンピュータネットワークとパーソナルコンピュータが、アイデアを実際に実現可能にするのに十分なスピードを達成しています。そして今後10年間でアイデアを経済的に実現可能にし、本質的に止められないほどのスピードをもたらすだろう。高速ネットワーク、ISDN、改ざん防止ボックス、スマートカード、衛星、Kuバンド送信機、マルチMIPSパーソナルコンピュータによって。

政府は国家安全保障上の懸念、麻薬販売業者や脱税者による技術の使用、社会的崩壊への懸念などを挙げて、この技術の普及を遅らせるか、停止させようとします。暗号無秩序は国家の秘密が自由に取引できるようにし、不法かつ盗難された資材を取引できるようにする。匿名のコンピュータ化された市場は、暗殺と恐喝のための忌まわしい市場を可能にするであろう。さまざまな犯罪や外来の要素がCryptoNetのアクティブユーザーになります。しかし、これは暗号の無秩序の広がりを止めるものではない。

印刷の技術が中世のギルドの力と社会的権力構造を変え、縮小させたように、暗号法は企業の本質と経済取引に対する政府の干渉を根本的に変えるでしょう。新興情報市場と組み合わせることで、暗号無秩序は言葉や絵に入れることができるあらゆる物質の液体市場を作り出します。そして、有刺鉄線のような一見小さな案件が広大な牧場や農場の垣根を塞いでしまったように、フロンティア西部の土地や財産権の概念を永遠に変えてしまったように、数学は、知的財産のまわりの有刺鉄線を解体するワイヤークリッパーになります。 

起きなさい、あなたは失う物が何もない。

ティモシー・C・メイ| Crypto Anarchy:暗号化、デジタルマネー、

tcmay@netcom.com | 匿名ネットワーク、デジタル偽名、ゼロ
408-688-5409 | 知識、評判、情報市場、
廃棄物:Aptos、CA | 黒い市場、政府の崩壊。
高出力:2 ^ 756839 | PGP公開鍵:アレンジメント別。
 

出典:




1993年秋にインターネット上に配布されたメッセージ

BlackNetの紹介

BlackNetが提供しなければならない製品やサービスに興味があると考えられる理由があります。

BlackNetは、さまざまな形で*情報*の購入、売買、取引、その他の取引を行っています。

私たちは、顧客にとって本質的に完全なセキュリティを備えた公開鍵暗号システムを使用して情報を購入および販売しています。あなたが誰であるかを教えてくれない限り(教えないでください!)、または手がかりを提供する情報を誤って明らかにする場合を除き、私たちはあなたを特定する方法がなく、私たちもあなたを特定できません。

物理的空間における我々の位置は重要ではない。サイバースペースの私たちの場所はすべて重要です。

私たちの公開鍵(以下に含まれる)へのメッセージを暗号化し、私たちが監視しているサイバースペースのいくつかの場所の1つにこのメッセージを入金することによって監視されます。

BlackNetは、名目上は非人系的ですが、国家、輸出法、特許法、国家安全保障上の配慮などをサイバースペース時代以前の遺物とみなしています。輸出と特許法は、国家権力と帝国主義、植民地主義の国家ファシズムを明白にするために使われることが多く、BlackNetは、それが秘密の責任であると信じています。
国家、または私たち、またはその秘密を所持することができる他の人の責任ではなく、その秘密を保持すること。秘密の価値があれば、それは保護する価値がある。

ブラックネットは、地元の銀行法が許可する銀行口座に匿名の預金を行うことができます。直接預金することができます(または、CryptoCreditsブラックネットの内部通貨)。

使用に関するより完全なチュートリアルは、間もなくサイバースペースの特定の場所に平文形式で表示されます。

革新的で収益性の高いこのベンチャーに参加してください。

BlackNet <nowhere@cyberspace.nil> 

出典:



1541684294426
私の記憶によるとインターネットが本格的に普及しだしたのはWindows95からなので1995年を遡ること7年、1988年頃から技術者兼作家でもあるティモシーメイが提唱した暗号化による相互取引システム「BlackNet」をヒントに、サトシ・ナカモト(クレイグ博士?)が「CryptoCreditsブラックネットの内部通貨」を「Bitcoin」として発明し、それを今回30年の時を経てついに「MetaNet」として発表したわけですね。さすがに元のBlackNetだとあまりにも匿名性が高すぎて犯罪の温床になりかねないので普段から博士が「法律は大事、法は順守」と言っているように各国家の法律に準ずるBlackNetである「MetaNet」を作り上げたと理解しました。

400px-Tim_may (1)
(ちなみにティモシー・メイはかの有名なインテルの有力な科学者として働いており、ユーザーの情報を保護するために暗号の重要性について研究していました。)


しかし急に湧き出したかのように発表されたMetaNetですがまさかこんな30年前のインターネットもない時代に想像されてた未来が、ようやく現在やってきて、それがサトシ・ナカモトを自称するクレイグ博士が満を持して最強のブロックチェーン開発会社nChainと最強の公的鉱山会社Squire(CoinGeek)と味方につけて来年から本格的にスタートさせるとかめちゃくちゃゾクゾクする展開でまるで映画の中にいるかのようで楽しみで仕方ありません。

今までは単に世界50億人が使う通貨を目指していたはずが、これを読んだ限りではむしろMetaNetを構築するためにBitcoinを作ったとしか思えません。

ティモシー・メイに端を発したBlackNetをサトシ・ナカモトが実行に移す、BSVネットワークとインターネットを繋ぐ「MetaNet」がこれから始まるという事実にワクワクが止まりません。

まるでSFのようで現実味が無いですが彼らならやってくれそうな気もします。こんな歴史の1ページに居合わせたことを感謝しながらこれからもBitcoinSV(サトシビジョン)を応援していきたいと思います。みんなでこれからの展開を楽しみましょう!




20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事