coingeek-week--e1540999482159



非常に期待されていたCoinGeek Weekカンファレンスは終わりを告げ、大きな成功を収めました。今回の会議では、オリジナルのSatoshi Visionを守っている唯一のcryptocurrency、BitcoinSVのバックグラウンドにある主な推進力であり、未来を形作るために決定した巨大な群衆がいました。会議に割り当てられた短い4日間でエキサイティングな新しいプロジェクトが発表されました。



Bitstocksは、暗号化コミュニティのための銀行の生態系であるGravityを紹介する準備をしています。Gravityは、銀行口座、ローン、デビットカード、店頭取引などの製品を提供し、Bitcoin SVをサポートする暗号通貨として使用します。


Centbeeウォレットの開発者は新しい機能を発表しました。それは、ソーシャルネットワークとウォレットを組み合わせ、ユーザーがチャット中にお友達にお金を送ることを可能にする。また、商人がBitcoin SV支払いをPOSシステムに簡単に統合できるようにする、商用ソフトウェア開発キット(SDK)も発表されました。



HandCashは今月、iOSバージョンのウォレットを市場に投入すると発表しました。また、2019年の春にApple WatchのHandCashを提供する予定です。開発者は、アプリとゲームをHandCashに接続してユーザーが小額支払いを可能にするシステムであるCashPortについても説明しました。



The-White-Company_home-DIY_fashion_shopfront_publicity-pic
ブロックチェーンと暗号製品を提供するWhite Companyは、Bitcoin SVのサポートを追加していると発表しました。同社は暗号化デビットカードを提供しており、ホワイトカードを使用して消費者がポイントを得ることを可能にするブロックチェーンベースの報酬会社であるREMと提携しています。カードは、年末までにリリースされる予定です。



BCB ATMが提供する新しいデジタルATMの新しいATMがBSVの0確認トランザクションを提供しているという事実は、大きな注目を集めるものです。




よりエキサイティングな予告の一つだったMetaNet nChain博士クレイグ・ライトによって導入されました。Metanetは基本的に、ブロックチェーン上に構築された1つのグローバルネットワークです。

ライト氏「私たちが実際に作成しようとしているのは、インターネットの代用品です。インターネットはサイドチェーンになります。HandCashまたは近距離フィールドまたはIPまたはプライベートネットワークまたはX.25をお持ちの場合、それはバリューネットワークです。グローバルシステム全体が商業的に接続されています。」


記事抜粋 全文を読む


1541684294426
半年前のハードフォーク後のカンファレンスが未来への展望などが多かったのに比べ、今回のカンファレンスでは支払手段やATM、BSVを利用した壮大なプロジェクト(Metanet)など、より具体的にBitcoinSVを利用したコンテンツが増えてきたように感じました。

特にHandcashのAppleWatchは注目度も高く、私のツイートにも多くの反響が寄せられ皆様の高い期待感があり、個人的にももちろん販売が物凄い楽しみです。AppleWatchによるNFC決済は暗号通貨支払いの高い壁を壊し得る突破口になるかもしれないと期待してます。

まだだいぶ先ですが半年後にまた行われるであろうカンファレンスではどんなビッグニュースが飛び出るか今から楽しみです!





20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事