1FQ010J-2



Bitmainはイスラエルのオフィスを閉鎖し、23人の従業員全員を解雇した。

Glikbergが率いるRa'anana開発施設は、ブロックチェーン機能の開発とAI関連技術の開発に焦点を当て、2016年に設立されました。暗号鉱山会社が研究開発活動を2倍にする努力の一環としてイスラエルの施設を拡張していると発表を7月にしたばかりでした。

Glikberg氏は、従業員に対して、「既に採用スタッフに興味を持っている企業がある」と話し、解雇されたスタッフを引き続き支援すると約束した。

引用元



Bitmainは現在、2つの訴訟に直面している。最初のものは、許可されていないマイニングに焦点を当てた5百万ドルの集団訴訟で、Bitmainの米国および中国に拠点を置く企業に対してカリフォルニア州北部地方裁判所に提訴された。

2番目の訴訟は、Bitmain、Bitcoin.com、Roger VerおよびKraken Bitcoin Exchange に対して提起されたものである。事件は、被告がBCHネットワークを利益のために操作するために不公平な方法と慣行を共同で使用したと主張している。

引用元



1541684294426
香港でのIPO(株式公開)を目指すBITMAINが窮地に立たされているようです。7月に拡張を決めたばかりのイスラエルの開発センターの閉鎖に、マイニング機器に対する集団訴訟、そしてBCHハッシュウォーの際に行われたとされるハイジャック訴訟。

訴訟に関してはまだ裁判も行われていないのでどうなるのかは分かりませんが、イスラエル事務所の閉鎖や資産の大部分をしめるBCHの価格急落なども重なりかなり厳しい状況である事は予想されます。

しかし、先月行われた日本でのカンファレンスではCEOのジハン・ウー氏は「IPOは順調に進んでいる」とのコメントも発しているので、マイナス材料があってもIPOは成功する自信も有りそうです。

これからも暗号通貨界全体の動向を左右する可能性があるマイニング界最大の巨人BITMAINの情報を追って行こうと思います。



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事