Craig-Wright


Craig Wright氏は、現在cryptocurrency(暗号通貨)の世界で最も議論の余地がある人物かもしれません。

彼は、自分自身をビットコインの発明者であるサトシ・ナカモトとして公表しており、その主張については未だ疑問点が残っていますが、当初からビットコインに関わっていたことは間違いありません。

彼の主張は、Bitcoin Foundationの創始者であるJon Matonis、開発者Gavin Andreson(「Bitcoinを構築した人」と広く称されている)をはじめとする人達から2010年より長年の支持を受けています。 

AndresonはWright氏がNakamoto Satoshiだけが持つ秘密鍵でメッセージに署名するのを見たと主張している。

「私は彼(クレイグ)がメッセージに署名し、私が彼に提供したUSBスティックにそれを載せ、それが検証ソフトウェアでダウンロードしたのを目撃した。」

クリーンコンピュータで検証したことを見て、「それは私が彼に与えたメッセージだったので、彼はその秘密鍵を持っていると確信している」とAndresonは言った。

Wright氏「私は世界が今それを信じることはないと知っています。それは残念だとしか言いようがありません。


本物のBitcoin

本物のBitcoinをサポートするという使命は、BTCからBitcoin Cash(BCH)へ、そしてその後はBitcoin SV(BSV)、Metanetへの転換を我々は目の当たりにしています。

Metanetは1週間前に発表されたばかりで、インターネット上の小額のマイクロペイメントがすべての地域のすべての参加者にスマートで流動的で適応性のあるインセンティブを生む価値ある真の暗号化のインターネットとして構想されています。

現在のシステムとは対照的に、FacebookとGoogleのような巨人が本質的な機能を踏み台にして料金所を設置しているのに対し、Metanetは国民が所有するインターネットとなります。

Bitcoin SVは栄光の未来を予告しています。またはそうならないかもしれません。

いずれにせよ、Craig Wright氏よりも知識のある人は他に誰もいません。

あなたは自分で判断する必要があります。結局のところ、思考(とファイナンス)の独立性は、
cryptocurrencyのすべてです。

引用元

1541684294426
その通りですね。サトシ・ナカモトの1人である事はもはや疑いようもないように見えますし、むしろサトシ・ナカモトであろうが無かろうがクレイグ博士以上にBitcoinに精通している人物は殆ど居ないと思います。

もちろんそれ(クレイグ博士がサトシ・ナカモトであるとかBitcoinの知識が人一倍ある事とか)を判断するのは文の最後にあるようには各個人の思考によりますが。


しかし、文中にもあるようにビットコイン財団(ビットコインざいだん、Bitcoin Foundation)の設立メンバーでもありBitcoinのリード開発者でもあった
Gavin Andresen氏も「クレイグ氏がサトシ・ナカモトであろう」と発言しています。

ここまで証拠があるのに博士を偽物扱いしたり詐欺師呼ばわりしている人達は、博士をBitcoinから遠ざけて自分達に利益が出るように本来のBitcoinの構造から改造し(自分達の)邪魔をさせないように非難や排除をしているようにさえ感じてしまいます。



しかし今や彼にはnChainやCoinGeekなどのBitcoinを元のプロトコルのまま開発する事を目指す仲間たちが居て、今回、純粋なBitcoinであるBitcoinSVが生まれたので、余計な邪魔も入らず開発に専念できると思いますので、これからは本来のBitcoinの真価が解明されていくのを期待しています。

そして数年後その結果が出れば誰がサトシ・ナカモトなのか...より「Craig S Wright」の名前が世界に轟くのでは無いかと私は考えてます。


20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事