shutterstock_1231330267-1-copy

ロードマップ

Bitcoin SVプロジェクトは、元のBitcoinプロトコルを復元することから始まります。私たちは、Satoshiが、現金の機能を超えて手を取り合う機能を可能にするために、スクリプトを基礎として使用したという事実を受け入れます。

Re-enabled Satoshi op_codeは、スマートコントラクト、トークン化、およびBSV上で実行されるその他の高度な技術機能に必要なメソッドを提供します。元のプロトコルは、Bitcoinが成功するために必要なものを持っており、絶え間なく変化することなく繁栄できるようにすべきです。

復元したら、Satoshiプロトコルは安定している必要があります。必要とされる重要なセキュリティ修正を除いて、プロトコルは厳重に封鎖されなければなりません。この安定性により、世界の企業は自社のアプリケーションとプロジェクトをBSVの上に構築することができます。

インターネットが最初からほとんど変わっておらず、企業がプラットフォーム上で長期的なプロジェクトを確実に計画できるように、Bitcoin SVブロックチェーンは同じ安定性を提供します。

次の重要な柱は、現在の支払い処理量を見るだけでなく、将来の市場ニーズに応じてBSVブロックチェーンの膨大なスケーラビリティを発揮することです。

潜在需要は(とりわけ)供給の関数であり、BSVが金融界全体や他の多くの産業の基盤となる能力を提供するつもりです。大企業は、BSVを構築するための大きなリソースと時間を費やす前に、ブロックチェーンがプロジェクトに十分な規模を持っていることを知りたいと考えています。

時間を経つとブロック報酬が半分になるために、マイナーは取引手数料からより多くの収益を得るために大規模なスケーリングが必要です。したがって、ブロックサイズの制限は、現在のスループットの需要よりも大きい多くの大きさである必要があり、最終的に無限の成長を可能にする必要があります。

その途中で、セキュリティは常にBitcoin SVのロードマップにとって重要です。必要な最適化、テスト、品質保証の手順を確実に実行することで、ノードは大規模なブロックを掘り起こし、安全で信頼性の高い方法でグローバル市場の需要に対応できます。

優れた支払い方法も必要です。Bitcoin SVプロジェクトは、0-confトランザクションの安全性の測定と改善、高速トランザクションの伝播、および構成可能な手数料とポリシーの両方で機能します。

以下の表は、開発のロードマップの概要を示しています。

99EE0B445BEFC9D035

BitcoinSV公式サイトより翻訳


1541684294426
Bitcoinを本来ある形に取り戻す、それがBitcoinSVのビジョンです。Bitcoinの本来の力が発揮できればスマコン、トークン化、セキュリティ、勿論通貨としての機能は全てBitcoinだけで事足りるようになり他の暗号通貨は必要なくなります。「オールインワンのコイン」とnChainのジミーグエンCEOも語ってましたが、まさにこの事ですね。

Bitcoinに余計な機能やブロックを制限するといった不必要な制限は要りません。その時点でBitcoinでは無くなります。もしこの先また悪意のある者や自分の利益や特定の国の利益を求めてBitcoinを改造したり分裂させたりする者が現れても、このBitcoinの基本プロトコルを理解していれば安心ですね。私達はそちらについて行けば良いだけです。

それ(悪意のある攻撃)もこれから行われる大規模スケーリングやBitcoin専用回線などにより、やりたくても出来ない状況になってくると思うので安心感はありますが。

真のビットコインであるBitcoinSVが今回のハードフォークにより余計なものが省かれ誕生した事が本当に良かったと感じるようになりました。今現在の段階ではイメージ先行でまだ何もしてないと叩かれる事もあるかと思いますが既に水面下では相当進んでおり、来年以降、一気に事が進むと推測されますので、目を離さないで時代の転換期、パラダイムシフトを見届けようと思います。


20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事