1547268501043

Tokenizedのミッション
Bitcoin SVで新しいグローバル金融市場を創設する。

参入障壁、超迅速な決済/清算、およびあらゆる人々の必要経費が参加するのに十分な低コストになる事を想像してください。

あなたの経済的自由のために、Tokenizedを入手してください。


TokenizedのJames Belding氏
「基本的な金融取引だけでなく全ての受信データがビジネスを行うときに情報の面で必要とされている」


1541684294426
Bitcon SVでセキュリティおよびユーティリティトークンを発行、管理、および交換する「Tokenized」がいよいよ始動したようです!

以前にコインギークのカルビンエアー氏は

「スケーリングとオープンソーストークンと「Tokenized」と呼ばれるスマートコントラクトプラットフォームで、BSVはトークンの作成と取引所を大規模にスケーリングする」

と語っていました。今までのように詐欺的なICOなどが立ち並ぶ仮想通貨取引所の在り方がtokenizedの登場によりガラリと姿を変え、本格的に企業トークンが立ち並ぶ本物の取引所に変わりそうです。

確かにマーティン氏が言うようにイーサリアムのスマコンによって大量のICOやトークンが発行されましたがETHは拡張に現在も手間取っており手数料も高く、これからは手数料も安く高速でスケーラビリティも解決したBSVのスマコン「tokenized」に切り替わる事になりそうです。

ポイントは「特許、法律遵守、スケーリング」です。BSVはETHの失敗を生かして世界中の金融業界の在り方を根本から変えてくれることでしょう。

ETHにより生み出された大量の違法トークンはもう終焉を迎えるでしょう。
既にアメリカを初め日本や中国やその他各国でERC20による違法トークンが取り締まりが始まりアメリカやカナダでは既に逮捕者も出ています。タイのように色んな国でトークンの発行を審査する機関も出てくるでしょう。

既にイーサリアムは現在スケーラビリティ問題に直面しており、トランザクション詰まりが発生しています。取引手数料も高く、ビタリックが現BCH(BAB)に目を付けているのはBCHであればスケーラビリティ問題が解消出来るからだと思われます。

しかし、そこで問題になるのが特許。BCHのスマコンであるWormholeはnChainが取得している特許を侵害している為まともにトークン発行は出来ません。それに「特許は違法な政府である」(この発言によりクレイグ博士はロジャー氏をアンフォローした)などとロジャーバー氏などが反発しています。

BSVでしかそれら全て(特許、法律、スケーリング)を解決出来ないのは、将来2TBまで上げる事でスケーラビリティを解決し、BSVにしか利用出来ない(Twitterの画像では4月なのでBCHになってる)特許を使える今回スタートしたTokenizedだからです。 

このTokenizedをBSV上で使わない限り特許を使えない為、これからのセキュリティトークンやユーティリティトークンは(ETHやBCHではなく)BSVが主流となるわけです。そして他の違法トークンやERCトークンは徐々に淘汰される運命にあると思います。 

勿論今回始まった技術なんで推測に過ぎませんが私なりに色々な情報を吟味して考えた意見や推測はこんな感じです。

nChainのBSV用スマートコントラクト用の特許の記事はこちらにありますので良かったらご参考下さい。

法律に関してはクレイグ博士やジミーグエンは国際弁護士でもありますし、特許や法律に強いUDLとも提携しているのでその辺も万全だと思われます。
ここまで特許や法関係をガチガチに固めてるからこそBSVホルダーとしては安心していられますね😉

これからの「tokenized」の展開が非常に楽しみですね!世界中の金融業界に革命が起こることでしょう!乞うご期待です✌



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事



BitcoinSV(BSV)が購入できる取引所
binance

coinex-logo