1547657465798

1541684294426
nChainグループの最高経営責任者でもあり、bComm Associationの創設者会長でもあるJimmy Nguyen氏が何故Bitcoinに魅了され、これからBitcoinによりどういう未来を作りたいのかインタビューに答える形で語っており、とても意義のある内容だったので紹介します。




あなたが関わっている企業の全体的なネットワークと、それらが暗号エコシステム内でどのように互いに関連しているかを説明できますか?

私にはさまざまな役割があり、それらは急速に広がりを見せています。
私がBitcoinの世界に入って以来、私は多くの人が知っている博士であるCraig S. Wrightによる研究開発ビジネスで知られている多くの会社を持つnChainグループで働いていました。

その会社はオリジナルのBitcoinビジョンの大きな支持者であり、しばらくの間、私たちはそのビジョンをBitcoin Cashが最もよく表していると信じていました。

しかし昨年11月15日の論争の的となっているBitcoin Cashハードフォーク以来、Bitcoin SVへの分裂がありました。

Bitcoin SVが独自の独立したチェーンおよびトークンとして浮上してきたので、新しいBSVエコシステムの成長、開発、および推進に役立つために必要な多くの作業がありました。

bComm Associationは昨年、bCommerceと呼ばれるビットコイン商取引の成長に焦点を当てるためにビジネスを集めることを望んだ最初の業界団体として結成されました。

これは、加盟店、開発者、アプリケーション会社、大企業、鉱山労働者、およびビットコインビジネスおよびコマースエコシステムへの参加に関心を持つ人すべてを集めたものです。

Bitcoin SVがBCHから分離しなければならなくなると、エコシステムを成長させる必要があるという認識があったと思います。私はBSVエコシステム全体を支援するというこのより幅広い役割に、ますます時間をかけて取り組んでいます。


あなたが暗号通貨の世界に入る前に、あなたは名高い法律の経歴を持っていました。法律から暗号およびブロックチェーン技術への移行を促したきっかけは何ですか?

私は21年間米国でIPおよびデジタル技術の弁護士をしていました。そして法律業界はこのエキサイティングなデジタル時代にどう対処するかと奮闘していました。私はデジタルとインターネットの分野に焦点を当てた若い弁護士になることに私の道を作りました。

それが私を長年にわたり技術と知的財産の弁護士になるというキャリアへと導きました。私はアメリカの大手法律事務所の多くのパートナーでした。Amazon、Microsoft、映画スタジオ、そして映画協会などの大手多国籍企業から、新興企業まで、幅広いクライアントを代表していました。私は最先端にとどまらなければならなかったのです。

私はその人生の早い段階でビットコインと仮想通貨について学びました。私は仮想通貨に興味を持っていたクライアントを持っていました。そしてそのクライアントはnChainグループの一部であったnTrustビジネスでした。実際にそれがnChainに先行し、そして送金ベースでカナダの会社になりました。

彼らは、仮想通貨を人々が国際的な境界を越えてお金を送るためのより安価でより効率的な方法として見ていました。私達はそれらのためにいくつかの特許とIPの仕事をしました。

nChainグループが正式にロンドンで結成され、Craig Wrightがそこへ来た時、私は20年の法律の後に何か他のことをやろうとしていました。そこで私はnChainチームに参加しました。


個人的にBitcoinはあなたにとって何を意味するのでしょうか?

Bitcoinについて私を魅了したのは、Bitcoinはテクノロジーシステムよりもはるかに経済的なシステムであるため、テクノロジーシステム、そして経済システムという単純な考え方でした。

世界中のどこにでも価値(お金)を送ることができるというのは、純粋に単なるアイデアではありませんでした。魅力的なのは、中央の権限を持たないことだけではありません。

私にとっては、私たちのトークンスマートコントラクトで見られるように、より大きな力は、Bitcoinブロックチェーンが、あらゆる種類のトランザクション、つまりデータトランザクションの記録、実行、実行の方法を変えることができるというアイデアだったと思います。


「本当のビットコイン」を構成するものについての議論で、あなたはまさに何が問題になっていると思いますか?

私は、Bitcoinの最初の考えに戻って、その作成者が最初にBitcoinを定義した方法を調べる必要があると思います。それはホワイトペーパーから始まります。

ホワイトペーパーを聖書や宗教的な文書のように扱いたくはありませんが、この概念は、Bitcoinとは何かを定義し、コインをデジタル署名の連鎖として定義するシステムという概念を示しています。

それは一連のデジタル署名です。それは、明らかに、ピアツーピア電子現金システムとして定義された価値をきちんと移転する方法です。そのため、通貨と価値は現金のように振る舞う必要があります。つまり、簡単に、安価に、そしてすばやく振り込むことができる必要があります。

サトシは著書で、金銭的価値の単位を転送するだけでなく、そのblockchainは規模に成長することを語っています。

非常に大きな、VISAのシステムを上回る、Bitcoinが拡大する能力を持ち、Visaのスループット処理能力を超えること、そして他の様々な種類のトランザクションにも使われることについて話しました。

あなたは初期のSatoshiの著作が単にBitcoinをお金の単位として転送する以上のものについてブロックチェーンを想像しているのを見ることができます。

そしてその中核となる設計の中に、明らかにオリジナルのプロトコルがあります。バージョン0.1、リリースされたSatoshiクライアント、Satoshi はそれがロックされていると書いています。

BTCの道は、主にオンチェーンスケーリングの力を信じていないことで、Bitcoinの元々のビジョンやデザインから大きく撤退しました。その代わりに、Lightning Networkなどのレイヤ2ソリューションを模索して、何百万ものトランザクションが処理されているシステムを構築します。

そのため、Bitcoin Cashが登場し、多くの人にとって、Bitcoinの本来のビジョンを回復するためのマントルだと主張しました。

後に我々がそれを支持した理由です。私たちとBitcoinの他のグループはそれを見て、「それはBitcoinのビジョンをより代表するものです」と言いました。

私たちは、CoinGeekのような提携パートナーと共に、nChainのBitcoin Cashの背後にある組織の全力を注ぎました。

しかしBitcoin Cashの世界のABC開発チームは残念ながら、Bitcoin Cashプロトコルに大幅な技術的機能の変更を加えました。

ABCキャンプからのハッシュ戦争への反応は、私たちがずっと言っていることをさらに実証し確認しました。開発者グループは、オリジナルのBitcoinデザインに根本的で大きく技術的な変更を加えようとしています。

そしてそれが私達がオリジナルのBitcoinであると思うものを構築する時が来たという点にもなりました。私たちは誰かがオリジナルのBitcoinに立ち向かう必要があると感じていました。それが私たちが現在していることです。


「本来のビジョン」を保つための本質的な価値は何でしょうか?

私はサトシナカモトが設計したシステムとデザインを十分に尊重する必要があると考えています。
オリジナルのデザインを理解しようとすることが重要だと思う理由は、技術的な理由だけではありません。

Bitcoinは、非常に巧妙に作られた経済的インセンティブシステムであり、デザインに根本的な変更を加えるときにあなたはその経済的バランスを崩すことができます。

良い例は、ブロック間隔10分です。私は、その間隔をもっと短い時間枠、おそらく2分に減らすというBitcoin Cashコミュニティからの話があります。

一部の人々は「それは本当の変化ではありません」と言い、そして反対側の私たちはそれを見て「それは経済的にシステムのバランス全体を混乱させるかもしれません」と言うでしょう。

根本的な変更を加えたいのであればそれで結構ですが、単にBitcoinとは呼ばないでください、それを他のものに変更してください。

Litecoinが作成されたとき、それが起こりました。それは基本的に多くの点でBitcoinの変種であり、ブロック間隔を縮小して彼らの見解では「より速い」ネットワークを作成します。

彼らは何をしましたか?彼らは名前を変えました。彼らはそれを「ビットコイン」と呼ばなかった。彼らはそれを「ライトコイン」に変えました。

それが私の主張です。大幅な変更を加える前に、その中心的な設計とプロトコルに戻して試してみて、成長し繁栄できるようにすることができるでしょう。誰もがうまくいくと信じているように動作するのであれば、なぜ私たちはこれらを劇的に変更する必要があるのでしょうか。


ハッシュ戦争をきっかけに、あなたの見解とBSVキャンプの見解はどのようにより大きくシフトしましたか?

明確にしておきます。チェーンの分割はしたくありませんでした。多くの人が私たちはただチェーンを分割したいと言いたがっています。いいえ、もちろん違います。

私はそれが起こらなければならなかったのは残念です。私たちは、すべてが今の状況にあることを望みませんでした。しかし今、それが起こっているので、ある意味では、元のBitcoinのビジョンを復元するための明確な道筋を持つことが必要でした。

私が学んだことの1つは、オリジナルのSatoshiのビジョンとしてのBitcoinへの道を信じている、はるかに大規模ではあるが、あまり声高ではない、普通の人々のコミュニティがあるということです。

Bitcoin ABCチームがBitcoin Cashを使用して喜んで行うよりも、はるかに大きいブロックとネットワークの大規模な拡張を迅速に見たいという非常に多くの人々がいます。

確かに彼らは、Bitcoin Coreよりもずっと早く、違う方法で行きたいと思っています。そしてそれこそが私たちが注力していることであり、それが私たちの2019年の考えと計画を推進しています。

BSVは独自のチェーンでありトークンでもあるので、私たちは自分たちの本能だけでなく、他の人たちにも耳を傾けようとしているので、特にnChainのチームとともにスケーリングイニシアチブに最大限集中し、焦点を合わせています。

彼らがBitcoin SVで何をしたいのかについても非常に情熱的です。多くの人にとって、それはBSVの迅速な拡張と、それが拡張可能であることを証明することになります。

Bitcoinとその最初のビジョンは誰にでも開かれているということを知って欲しいのです。私は人々にBitcoin SVをサポートする機会が常にあることを知ってほしいのです。

あなたが以前にどんな立場をとったかに関係なく 、強い意見を持ち、後で考えを変えることは問題ありません。だから私は人々がこれがこのBitcoinコミュニティ全体の永遠の分割であると考えることを望まない。

人生のあらゆるものと同様に、あなたはいつでも家に帰ることができます。


マイニングセキュリティファクタの問題について

私たちが行っていることは、そのエコシステムを拡大し、そのスケーリング能力を実証するための技術的対策に取り組むことにより、Bitcoin SVの価値を確立することです。

nChainチームは現在、非常に非常に集中しています。これにより、より多くのマイナーがネットワークに参加し、ハッシュレートを向上させ、さらに時間をかけてネットワークをさらにセキュリティで保護する必要があります。

私たちはより多くのマイナーがBitcoin SVにやって来ることを望みます。BitcoinSVが彼らにとって良い投資である理由を彼らに伝えます。


ブロックチェーンとBSVが企業にとってどのような価値を持つのか?

世界最大の企業がブロックチェーンを操作したいのであれば、それは多くの容量を持つ必要があります。

Bitcoin Coreのサイズは1メガバイトブロックに制限されており、支払い処理のためのレイヤ2ソリューションに重点が置かれているため、Bitcoin Coreはは決してエンタープライズブロックチェーンになるつもりはない。

BitcoinCashは、私たちがBitcoin SVで行っているほど積極的で、速く、そして拡大することではなく、彼らの開発チームにおいても企業にやさしい考え方ではありません。彼らはエンタープライズレベルになることに焦点を絞っているのではないと思います。

そこでBitcoin SVが登場します。ピアツーピア電子現金システムという当初のサトシのビジョンを実現することに加えて、我々は、Amazonやウォルマート、マイクロソフトなど「ブロックチェーンでアプリケーションを開発し、将来のデジタル台帳を作りたい」と言っているすべての企業に必要なギガバイト(そしておそらく1テラバイト)サイズのブロックに到達するために必要なスケーリングロードマップに従っています。

私は現実主義者です、それがすべて明日に来るわけではないことを知っています 。今年、あるいは来年、私は、初期の企業での使用になる可能性が高いのはトークンだと思います。

BSVのblockchainのための明らかに非常に良いトークン化プロトコルは既にあります「Tokenized」

それは世界中のどんなビジネスでもトークンを作成することを可能にするだけではありません。ビジネスフレンドリーなアプローチを持っているということです。

多くのトークンが、おそらく証券法やその他の法律を引き起こす可能性があることを認識しながら、トークンがどのようなものになるかを管理する、特定の管轄における規制を遵守することです。そしてそれはすでに利用可能です。

今日見ているICOトークンだけではありません。普通株式のトークン化、株主の権利、債券、その他の金融商品のようなものかもしれません。私はそれが本当に面白い最初のユースケースになるだろうと思います。

第二に、サプライチェーン管理と調達の分野のものは、監査可能な公開された透明な元帳を利用するので、初期のBitcoin SVブロックチェーン使用のための優れた候補であると思います。目的地への部品の出荷、または農業、または食料の出荷を追跡することについて考えてみましょう。

弁護士の観点からは、私が大企業の初期のユースケースになるだろうと思うことの1つは、不動産のようなもののためのブロックチェーンです。不動産を売買するときは、タイトル検索をして誰かに支払わなければなりません。それはパブリックブロックチェーンでもっと簡単に追跡できます。

そして間違いなくもっとあります。例えば、人々はもっと洗練されたスマートコントラクトについて話します。
私はそれがより長くかかるだろうと思います。私たちが本当に正直であるならば、それは来年か二年以内に来ないということを知っています。

しかし、金融資産、サプライチェーンの出所など、公に閲覧、調査、および追跡が可能なデータの記録を含むものはすべて、それらが最初に来るものだと思います。


「Bitcoin maximalism」という暗号コミュニティにこの用語があります。つまり、長期的に見れば、cryptoはBSVを中心に結合する、または結合するべきだと思いますか。

実際には多くの「ブロックチェーンプロジェクト」が本当にブロックチェーンではないということです。

プライベートまたは許可されたブロックチェーンは、実際にはブロックチェーンではありません。ファンシーデータベースです。私たちの見解では、真のブロックチェーンは公開されています。

明らかに配布されており、許可なしに誰でもアクセス可能で使用可能であるべきです。どんなデータがそこに行くかどうかを決定する中央の権限を持つべきではありません。だからこそ、そこにある多くの「ブロックチェーンプロジェクト」が実際にはブロックチェーンではないのです。

私は世界がいつか支配的な単一の真のブロックチェーンに合体すると信じています。私たちはそれがBitcoin SVになるだろうと信じています。なぜならそれはBitcoinのための唯一のプロジェクトだからです。

真のグローバルなブロックチェーンを最大限に活用するには、大規模な拡張が必要です。それはすべての企業がそれを操作できるようにするべきです。さまざまな目的のためにさまざまなデータやレコードを持つのではなく、あらゆる種類のデータやレコードを記録できるようにする必要があります。

あなたは可能性があり、異なる目的のために別のチェーンを持っているが、それは本当に効率的ですか?それは本当にトップに上がるだろうか?

だから私は、単一の支配的なグローバルブロックチェーンしか存在しないと思う。私たちはそれがBitcoin SVになると信じています。

それは他のプロジェクトがそこにないということを意味しますか?もちろん違います。必要に応じて、人々は自由に独自のプロジェクトを持つことができます。

しかし、ネットワーク効果と、人々が自分たちのプロジェクトを構築してその単一のブロックチェーンで物事を行うべきだと考えることの価値のために、物事は融合すると思います。

私たちは、単一のグローバルなデジタル通貨、つまり世界の新しいお金を信じています。それがBitcoinになるでしょう。他のコインはすべて、Bitcoinの誕生を利用して何か新しいものを作ろうとしている変種だけです。


Metanetは普通のインターネットと平均的なエ​​ンドユーザーの間にどんな違いがあるのでしょうか?

ご存知のように、アイデンティティオブジェクトを持っていて、企業がその情報にアクセスできるようにするという話はたくさんあります。

今は無料で提供していますが、お金を稼ぐ方法があります。明確にしておきたいのですが、これは「人々にインターネットの代金を払わせよう」という考え方ではありません。

Bitcoinブロックチェーンの独自の特性を使用して可能なビジネスアプローチ、モデル、プロセスを変革することです。データの記録と配布を金融取引と組み合わせる。


2019年の新年に、暗号で何が起きるのかを楽しみにしていますが、ほとんどの人があなたを興奮させ、業界の将来について楽観的に感じていますか?

私は今年、Bitcoin SVチェーンの成長に焦点を当てたいと思います。私たちの目の前には障害や障害はありません。可能なことを示しているだけです。

私はチームnChainがスケーリングイニシアチブに非常に懸命に取り組んでいることを知っています。ブロックサイズの容量が増えていることを実際に示すために、プロのストレステストチームと協力してテストを行うことを計画しています。

Bitcoinを再起動させることに興奮しています。Bitcoin誕生から10年が経ってからコミュニケーションを始めています。それが今年私がやりたいことです。

BitcoinSVが何であるのかなぜ私たちはそれが投資家と大企業の両方への道であると信じています。

私はまた私自身の期待が常に挑戦されようとしている1年について興奮しています。例はMetanetです。それは本当にエキサイティングです。私たちがBitcoin SVブロックチェーンの本当の力を解き放ったら、それは今年ますます可能になると思います。

引用元



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事



BitcoinSV(BSV)が購入できる取引所
binance

coinex-logo