1549332320581



ブロックチェーンとIOT制御

ブロックチェーンは「モノのインターネット(IOT)」空間のシステムを制御するのに最適な方法です。IOT制御のトピックを詳しく調べ、BSVブロックチェーンによって提供される技術的進歩からIOTスペースがどのように大きな利益を得ることができるかの例をいくつか提供します。

現在IOT機器が増えています。この技術は、大型冷蔵庫からワンタッチで購入できる小さなボタンまで、今日では事実上すべてのジャンルに見られるようになっています。

20161206104104
ほとんどの人が今ではAmazonのクレイジーダッシュボタンを聞いたことがあるでしょう。

ただし、ダッシュボタンなどの多くのデバイスは小型で、処理能力とメモリ容量が制限されています。この小さな容量は、デバイスをより堅牢で安全にすることができる特定の機能を含めることを困難にします。

汎用でありながら、あらゆるデバイスにロードできるほど十分に小型でありながら、強力なサイバーセキュリティを保持しているオペレーティングシステムを使用することは有益です。

さらなる利点は、装置によって提供されるサービスに対する支払いを処理する可能性を含む、簡単で安全で頑強な制御機能を可能にすることである。

前述の目標は、IOTをBitcoin(SV)-blockchainプロトコルにインターフェースすることで達成できます。

ブロックチェーンIOTデバイス(BID)、つまりBID以外に格納された特定の命令セットを実行することができ、IOTデバイスの内部または外部に存在することができるメカニズムを使用して、ブロックチェーンを通信リンクを通じて組み込む(ブロックチェーンから管理されるIOTデバイスのタスクと機能)ことができます。

BIDには独自の命令が埋め込まれておらず、その機能や実行方法を「認識」していません。命令を安全に取得する方法が含まれているだけです。 BIDは一連の単純なアクションしか実行できません。

このシステムは、nChainが所有する特許、WO 2017/187397 Alに基づいています。それは、より安全で、ユニバースソフトウェアアップグレードプロトコルを可能にし、そして「デバイスにとらわれない」こともシステムを包含する事を可能にします。

最終的に、そしてシステムへの最大の利点の1つである、このデザインはどんなIOTデバイスによっても使用されることができる一般的なオペレーティングシステムを作成します。

そのオペレーションシステムを利用する事でブロックチェーンは、データを保存したり連動するために事前にプログラムする必要はありません。

5年以内に500億個ものIOTデバイスがアクティブになる可能性があると指摘して結論を​​出す。これは、すでに効果的かつ効率的であることが示されており、すでに世界に革命をもたらしている革新的な技術をBSVが利用するための途方もない機会です。

ソース

1541684294426
わーお!これまた凄いニュースが飛び込んできました。現在世界中に普及しつつあるIOT機器をnChainの特許によるBSVブロックチェーンを利用したオペレーションシステムを利用する事で、現在個々の企業が構築してるIOTのシステムがより堅牢で安全そして使いやすく生まれ変わります。

特に前述のAmazonダッシュボタンのように支払いと連携しておりプライバシーやセキュリティが大事で全世界の人々の巨大なデータを収納する必要があるIOT機器とはBSVブロックチェーンは非常に相性が良さそうですね。これは上手くいく気がビンビンします。

特にnChainの特許も絡んできて大幅スケーリングも、絡んでるので他の競合してるブロックチェーンよりもBSVは一歩も二歩も(むしろ他にライバルはいない)先に進んでいるので数年後には世界中のIOT機器との統合が見れそうで楽しみです。


20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事



BitcoinSV(BSV)が購入できる取引所
binance

coinex-logo