7e5d341c96ba212fe20975eb803d315c

The story of Bitcoin, continued
ビットコインの物語、続き



私の最初の結婚は2010年10月に終わりました。
私が静かになり始めたのは、2010年10月でした。

2011年、ベネズエラを訪れ、そこで「Jawbreaker」チームと仕事をしていました。仕事内容は、性取引のための人身売買を止めることに集中していました。私は「予防」をしていました。

コロンビアのEl Departamento Administrationrativo de Seguridad(DAS)の担当者と会いましたが、仕事はシステムや情報にアクセスすることでしたが、その機会はFARC-Vに対する証拠の収集に関連する作業に関連していました。それは以前、私を何人かの人々が「影響力のあるエージェント」と呼ぶものでした。

私は私の過去を恥じることはありませんが、私はそれについて話をしたくありませんでした。そして私はまだその話はしません。人生の多くの面、暗い部分の汚れに対する最良の答えは、日差しの中で解決される解決策です。だから、沈黙を守り、他人が私の人生とビットコインの誤った絵を描くのを許すのではなく、足りない部分を埋めるつもりです。

私はそれを公にする必要がなかったことを誇りに思うのに十分な人々を常に持っていました。私の叔父は私をよく知っています。叔父のDon Lynamは軍の諜報機関で私の随分上の先輩でした、そして、私は彼と私の祖父を尊重して育ちました。私は彼らの犠牲を見ました、そして私はそれのいくつかをエミュレートしたいと思いました。

現代の世界には、密輸、性的奴隷制、およびさまざまな形態の不正交換が存在します。人々はそれらについて話すのが好きではありません。
しかし、彼らは確かに存在し、そして潜伏しています。彼らは止められなければならない悪です。


テロ資金は、既存の銀行システムと取引データを失う能力のために発生します。

匿名の方法では使用できないものを見つける為に、私は長い間Bitcoinに取り組んでいました。


経済的に崩壊したシステム。それは人々が日々の生活に従事し、さらに軽度に間違っていたことを行うことを可能にするプライベートである必要がありました。同時に、それは世界で悪であったことすべてに対する究極の分析でなければなりませんでした。

私は私のような人々
- SADの工作員と働いていた人々、さらには資金の追跡で行動している人々 -
の必要性を阻止するようにBitcoinを設計し、作成しました。

SADとは
CIA特殊作戦グループ(CIA Special operation group・・・SOG)は、CIA特殊活動部隊(Special Activities Division ・・・SAD)とも呼ばれ、アメリカ国内外で秘密工作を専門に行なう部門である。秘密作戦を行うため、その組織や実情は、よく分かっていない。

このグループの特徴は、実働部隊は、グリーンベレー、海兵隊リーコンなどの特殊部隊OBで構成されているが、指揮統制官は、特殊作戦を行うべく訓練されたCIA内部の工作員である。主な任務は、妨害工作、工作員および物資の回収、誘拐、爆撃効果判定報告、人質救出、および対テロリズムである。

私はしばらく牧師をしていました。しかし、私がしたこと、見たこと、そして世界で目撃した残酷さのイメージから、私はその立場を放棄することになりました。私は、10歳くらいの子供がAK-74で、家族が拘束されていることを知って子供たちの死を見守らざるを得なかった女性たちを目撃しました。それはすべて、情報記録が失われることを可能にするシステムのために存在します。

私はBitcoinを設計して、不変の証拠証跡を作成しました。これは私的でありながら、Gygesの運命に苦しむことはありません。匿名性は呪いです。良いことは何もありません。

Gygesとは
ギュゲースの指輪(ギュゲースのゆびわ)は、自在に姿を隠すことができるようになるという伝説上の指輪の事。

コロンビアとベネズエラから帰ってきた私が最初に見つけたのは、ダークウェブでBitcoinが使われていたことです。私は自分が生みだした創造物(Bitcoin)を発見しました、私が光をもたらすために設計したものはすべての最悪の理由で使われていました。薬だけでなく、人々。Silk Roadは、麻薬や銃を使ったやり方を露骨に宣伝しているわけではありません。他の名前もありますが、交換されているものはわかっています。

そして私は自分の創造物(Bitcoin)が私が軽蔑しねじれているのを見つけました。そして私は絶望の深い深淵に入りました。最終的に、2011年の後半に、私はそれを生み出した問題の解決策に取り組み始めました。

Panopticryptと呼ばれる会社の始まり。それ以来、私はBitcoin、そして実際にはあらゆるコンセンサスシステムと連携するいくつかの作品に取り組んできました。シルクロードは力のない世界を創造しませんでした。それは人々が麻薬を売ることだけでなく、人々がクレジットカード情報を売ること、詐欺を犯すこと、さらには人々を売ることを可能にする、ローエンドの過度に宣伝されたメディア燃料の暗いウェブストアに従事することを許しました。


12歳から16歳までの子供が、Silk Roadを使用して人身売買されていました。


ある者は売春を余儀なくされ、他の者はアメリカや西ヨーロッパの通りで物乞いとして働くために売られた。シルクロードが運営されていた年に、1000人以上の子供たちがイタリア北東部の回廊を通して西ヨーロッパで売買されました。シルクロードで許された条件を使って売買されました。何人かの子供たちは誘拐され、他の子供たちはより良い生活を約束されました。あなたがそのような不正取引について知りたいのであれば、Terre des Hommesが良い情報源です。

2011年に、私は何をすべきか分からなくなりました。私は海外で行っていた仕事に決して戻らないと誓い、軍事警察の役員として正式な役割を申請しましたが、幸運にも私はフォローアップしませんでした。私は暫くの間私に資金を供給していたゴールデンハンドシェイクの余剰資金で、公認会計士事務所、BDOで優秀な仕事を残しました。余剰資金は2008年12月に提供されました、そしてそれは私が2009年の仕事をしてBitcoinを作成するのに私の貯金を費やした方法です。

2年間は私の研究に多くを費やした後、私はそれ(Bitcoin)が私が軽蔑したものになり始めたときに私が作ったものを見つけました。


サトシが匿名でなければならなかった理由を知りたいですか?


それについて考えてみてください。検察の法医学専門家として、また政府と他の役割を共にした私の過去の仕事は、私が公に後押ししていたかもしれないシステム(Bitcoin)には決してつながりません。

私の仕事に資金を提供するために、Dave Kleimanと私は、コスタリカなどの国外で違法なゲームに使用されるコードを販売しました。オーストラリアではギャンブルは違法ではないため、Davidが最大の危険を冒しました。彼がパナマで稼ぐことができたものは何も米国から合法的に送金することができませんでした。

Daveは2011年にすでに病気でした。私が開発中の研究を止めるために私が行ってきた研究に資金を供給し、さらに進めることができる唯一の方法はギャンブルから派生したものです。Daveはオペレーションを監督しました。まだ周りにいて、コスタリカの活動に関連している他の人々がいました、しかし、私は彼らに名前を付けません。我々は資金を保有し人々に給料を払うために自由保護区を使用した。

私が作成した問題を解決するために私が行った唯一の方法はもっと悪いことを利用することだったのは皮肉なことです。2013年初め、米国政府は我々の資金を差し押さえ、Liberty Reserveの事業を中止しました。私がコンピュータや操作の支払いに使っていたお金が止まりました。

その直後に、それから生じるストレスと問題のために、私の親友(Dave Kleiman)は死んでいました。

ジョージ・ギルダーの富と貧困という本の中で、彼は資本主義システムであるFaustian交渉を説明し、そしてそれをAdam Smithに結び付けます。

私はそのような理由で名前をFaustusと決めました。私が間違っていると思うものを止めるのは私の交渉です。


私は多くの人がここですべてを信じたくないと思うことを期待しています。問題は、彼らが今私を信じないように努めるほど、私は解放するつもりです。私がそれを終了すると、アトラスでさえ肩をすくめます。

肩をすくめるアトラスとは
成功した産業家を攻撃する様々な規制の制定を受け、多くの傑出した産業家たちが財産や国を捨てた結果、社会に不可欠な諸産業が崩壊していくディストピア的なアメリカ合衆国が描かれている小説の題名。『肩をすくめるアトラス』のテーマは、著者のランドによれば、「人間の存在に果たす頭脳の役割」である。

私には放棄した多くの友人、警察や軍の人々がいました。私は暗闇から抜け出して再び彼らを見つけ始めるつもりです、そして私は彼ら全員が私の失われた10年を理解することを望みます。

Rob MacGregorと他の人たちは、私が嘘(サトシだと伏せていた事?)を片付けるために2016年に表に出てくるように私に要求しました。しかし私は恐れていました。

私がビットコインの真実を語り始めるならば、それは私の過去も開くことです。それは私がすべての暗い秘密を開くつもりであることを意味します、そして、私がそれを開くとき、もっと多くのものが続くでしょう。

私は25年以上もの間、多くの人が現代の世界に存在するとは思わない場所で仕事をしてきました。それは私の勇気の欠如でした。私の過去から来ることができることへの恐怖と、私を前に止めたのは将来に直面する勇気の必要性です。


私は今、箱を開けています。


それが話の終わりだとは思わないでください。まだ始まったばかりです。Bitcoinは世界を変えます、そして私は今まで続くための十分な勇気を現在持っています。

Bitcoinには発行者がいます。それは石の中に置かれているシステムであり、変更された時は空中投下のある新しいシステムなので、フォークは新しいシステムです。フォーク(BTC)がSegWitを追加したときにBTCは新しいシステムになりました、それは新しい発行者を持つ新しいシステムです。

私はBitcoinの発行者です。ここに分散はありません。私が持っている唯一の保護は未だ未知のままでした。私が誰であるかを証明するように、私はその発行者がBitcoinのために誰であるかを証明します。許可を要求せず、それが発生したときにそれが合法ではなかったことを知っているお金システムの発行者です。


Bitcoin(BSV)は2009年に発行されました。BTCは2017年に空中投下で発行されました。


ソース


1541684294426
...なかなか衝撃の内容でしたね。Bitcoinの誕生はクレイグ博士の前職SADの経験(CIAにおける対テロリズム特殊行動部隊)から来るものだったのですね。麻薬、詐欺、不正クレジットカード売買、そして人身売買...。

それを阻止、テロ組織への資金源(裏金)を無くし、クリーンなお金の流れを作るBitcoinのシステムを作り出した。

確かにそういうお金はどこから流れてくるのか不明だし現システムだと改ざんも出来るのでやりたい放題なので、Bitcoinの改ざん不可能で永遠に資金の流れが観測出来るシステムが必要になる訳ですね。

Bitcoinを作成してから身を潜めてたクレイグ博士が再び仲間達と合流する事で何が起こるのか、皆目検討もつきませんが、テロや子供の人身売買の無い世界に貢献出来るのであればそれはとても良いことだし歴史が変わると言っても過言ではないでしょう。

誰もが知っていながら目を伏せていた世界の闇の部分に立ち向かうクレイグ博士に悪の手が伸びない事を切に願います。

まずは現在パンドラの箱を開けた博士がBitcoinからフォークしたBTCに対してBitcoinの発行者として何を行うのか観測したいと思います。

最近までワクワクしてたのにちょっと話が凄すぎてそれどころでは無くなってきましたが、これからBitcoinにより世界がどのように変わるのか、それとも残念ながら阻止されてしまうのか、引き続き見守りたいと思います。サトシ・ナカモトに幸あれ。



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事



BitcoinSV(BSV)が購入できる取引所
binance

coinex-logo