whitepaper-perspective

Bitcoinは暗号通貨ではありません。

勘違いしている人が多すぎます。Bitcoinのホワイトペーパーで説明されているように、Bitcoinは「ピアツーピアの電子現金システム」です。

Bitcoinは「現金」システムではなく、いかなる形の通貨でもない「電子現金」システムです。

Bitcoinやその他のものが発生していることをめぐるエラーが伝播しており、Bitcoinでさえ暗号通貨であると残念ながら多くの人が主張しています。

Bitcoinは現在のところ通貨でも電子通貨でもありませんが、そうなる可能性があります。

トークン化によりBitcoin(BSV)の上に国内通貨の作成を可能にします。このようなシステムによりそのトークンが電子通貨になります。

そして我々(BSV)は安全にBitcoinの上に通貨の提供をトークン化する能力を持っています。

残念ながら、多くの人がBitcoinの性質、通貨、システムの機能を理解していません。

問題の真実は、Bitcoinは「ピアツーピア取引所として機能する電子現金システム」であり、その中心にあったのです。ノードがピアとして機能するのではなく、個人が機能するからです。

ピアツーピア処理は、個人の間で行われ、決済以外のネットワークは関与しません。

Bitcoinは暗号通貨、あらゆる形態の通貨、あるいはデジタル電子現金以外の金銭的なものではありません。

しかしBitcoinが国内通貨として使用される場合、またはBitcoin内のスクリプトにトークンとして組み込まれている通貨の基礎となる場合にのみ、Bitcoinは電子通貨になります。

ソース


1541684294426
そうなんですよね。Bitcoinは暗号通貨、いやBitcoinこそ暗号通貨、と考えがちなんですけど、大元のBitcoinホワイトペーパーの冒頭にハッキリとピアツーピア電子通貨システムと記載されてるんですよね。

飽く迄もBitcoinは世界中に電子通貨を流通させる為のピアツーピア取引所の中心にあるコアシステムで、その上に様々なユーティリティトークンや各国法定通貨が乗ることで初めて、その元となるBitcoin(BSV)が暗号通貨になるわけです。

もちろん世界中で利用される訳なのでブロックサイズを無限大に拡大したり各国の法律に合うようなトークンを開発しなければならないですが、もしその全てがクリアーになれば世界中の金融(現金、証券、各種チケット、クーポン、公社債など)がBitcoin(BSV)ブロックチェーンの上で構築されるようになり、その元となるBSVに価値が付いていくという流れになると思います。

そして各国法定通貨がなくなり、全てがBitcoin(BSV)で支払われる世界が来て初めてBSVが成功したと言えるでしょう。その道のりは果てしなく長くなると思うし、障害も沢山あると思いますが、インターネット上に国境が無いように、通貨にも国境がなくなる世界が来てもおかしくないと思います。

Bitcoinは法定通貨よりすぐれた透明性、安全性、その他IotやAIなどのIT技術との親和性も高いので一旦普及が始まれば一気に世界を変えていくと思うので楽しみです。

DKCdlYGVoAAHY5W

世界を変えるコイン、もとい世界を変えるピアツーピア電子通貨システム、それがBitcoin(BSV)になるでしょう。



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。







「Bitcoin SVニュース速報」人気記事



BitcoinSV(BSV)が購入できる取引所
binance

coinex-logo