image_search_1597391327100
Bitcoinを使ったマルチレイヤーソリューションは不要です

ブロックチェーンネットワークには外部のスケーリングソリューションは必要ありません。 ブロックチェーンネットワークが小さなブロックと低いトランザクションスループットで人為的に制限されているからといって、すべてのトランザクションが行われ、決済のみがメインチェーンに記録されるサイドチェーンを持つ理由はありません。

外部の多層スケーリングソリューションは、特にビットコイン(BSV)がすでに存在する場合には、非効率的であり、スケーリングには最適ではありません。


ビットコインの上に構築するだけ

BTCやEthereumのために誤ってレイヤー2と呼ばれるソリューションを構築することに時間とお金を割く理由はありません。それはBitcoin SVがすでにオンチェーンでスケールとスループットを処理できることが実証されているからです。 BSVにはブロックサイズの制限がなく、今すぐにでも毎秒数千件のトランザクションを処理することができます。

それを念頭に置いて、Ethereumのようなネットワークは、スケーリングのジレンマを解決するために独自の低レベルのインフラストラクチャを構築しようとするのではなく、スケーリング・ソリューションとしてBSVを使用することさえ可能です。

"それは非現実的なだけではありません "と、ベイジアングループのCEOであるロイ・ベルンハルトは言います。 "Ethereum上で稼働している開発者や企業のコミュニティに、このような陳腐な技術的ソリューション(レイヤー2ソリューション)を提供するのは、実際には非常に無責任なことです。"

"誤解しないでほしいのですが、私はその創造性に拍手を送りますし、解決策を見つけたいという緊急性を理解しています。 しかし、豚が飛ぶことに期待して豚に翼をつけようとするのではなく、BSVで戦闘機を見つけたのです。

たとえソフトウェア・エンジニアがBSV上での構築に消極的であったとしても、アプリやサービスを選択したプラットフォーム上で構築し、BSVブロックチェーンに移植することで、大規模な運用が可能になり、ボトルネックに強いものになります。

「我々はトークン化プラットフォームを拡張して、ETHと、新しいホームを見つける必要がある無数の機能的なアルトコインを完全に包み込むことに取り組んでいます」とベルンハルトは述べています。

「Ethereumネットワークを救う唯一の方法は、Ethereumをスリープ状態にして適切なブロックチェーン上にクローンを作成できるようにするブリッジング技術を構築することです。 DVDをデジタルファイルにリッピングして後戻りできないようなものだと考えてください」


BTCとETHの吸収

Ethereum 2.0は、ETHプロトコル開発者の中央グループが何をしているのか分からないため、継続的に遅延しています。 バグだらけのスケーリングソリューションや存在しないスケーリングソリューションを弄るよりも、ETHが移行するかBSVに移植する方が最も理にかなっていると言えるでしょう。

ビットコイン・ネットワークは、短時間で高いトランザクション・スループットを処理できることをすでに証明しています。 6月下旬、MetaStremeはBSVメインネット上でストレステストを実施しましたが、その結果、約97万件のトランザクションを、手数料率0.5sats/byteでBSVメインネットを経由して1秒あたり平均600件のトランザクションで通過させました。 

つまり、BSVはBTCとETHが切実に必要としているスケーリングとスループットのソリューションを提供するだけでなく、ETHやBTCよりもBSVを介してトランザクションを送信する方が格段に安いということです。 現時点では、BSVの平均取引手数料は1取引あたり0.0002ドルですが、BTCとETHの平均取引手数料はそれぞれ5.158ドルと2.848ドルとなっています。 

ご覧のように、BSVは多くの点で他の既存のすべてのブロックチェーンよりも優れており、多くのブロックチェーンが現在直面しているスケーリング、スループット、トランザクションコストの問題に対して、すでに構築され、動作が実証されているソリューションを提供しています。 今、クロスチェーン移植ソリューションが作成され、他のブロックチェーンエコシステムの個人がビットコインブロックチェーンの恩恵を享受し始めるのは時間の問題です。

ソース
CoinGeek



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。