image_search_1597551946793
BitcoinSV:ブロックチェーンとは何か、そしてどのように機能するのか


Bitcoin Satoshi's Vision(BSV)
とは何か、BTCとの違いは?

Bitcoin SV、別名Satoshi's Visionは、2008年に発表されたオリジナルのホワイトペーパーに最も近いビットコインプロトコルの実装です。 BSVティッカーシンボルは、BCHプロトコルがビットコインをフォークオフした後、2018年11月に取引所でトークンを追跡するために作成されました。 

BSVティッカーシンボルは新しいものであるにもかかわらず、その名前が示すように、ビットコインをサトシ・ナカモトの当初のビジョンに戻す試みであることを考えると、その起源はずっと前にさかのぼります。 


サトシのアイデアは、有名なホワイトペーパーのタイトルを見れば明らかなように、ピア・ツー・ピアの電子キャッシュシステムであった。 

サトシはこう書いています。 

純粋なピア・ツー・ピア版の電子キャッシュならば、金融機関を通さずに、オンラインでの支払いが可能になる。

インターネット上での商取引は、電子決済を処理するための信頼できる第三者としての金融機関にほとんど依存するようになってきています。

必要なのは、信頼ではなく暗号化証明に基づいた電子決済システムであり、信頼できる第三者を介さずに、意思のある2つの当事者がお互いに直接取引できるようにすることです。

しかし、時が経つにつれ、ビットコインの発展はそのデフレ性に焦点が当てられるようになり、BTCは主に投資であり、しばしば投機的なものになってきました。 

特に、1秒間に一握りの取引しかサポートできないブロックチェーンを持つオンチェーンのスケーラビリティに欠けていることから、取引性の悪い通貨になってしまっています。 また、取引を送信するための手数料も非常に高い。 現金のように速くて安い代わりに、BTCは遅くて高いので、サトシ・ホワイトペーパーの当初のビジョンを実現することができません。 

BlockstreamのBTCのプロトコル開発者たちは、トランザクションをオフチェーン化し、ブロックサイズを小さく抑えることで、スケーラビリティの議論を解決したいと考えました。 2017年8月、Blockstreamの開発者は、ビットコインのプロトコルにSegregated Witness機能を追加することで、ビットコインのプロトコルを変更しました。

BCHは、サトシがブロックチェーン上に保存されるトランザクションの増加をサポートするために大きなブロックを望んでいると信じていたビットコインコミュニティのための新しいティッカーシンボルとして浮上しました。 


しかし、ビットコインを匿名の犯罪コインに変えようとしているアナーキストの開発者グループは、Canonical Transaction Ordering (CTOR)とチェックポイントを追加することでプロトコルを変更することにしました。 このグループはビットコインをフォークオフし、ティッカーシンボルBCHを保持しました。 そこで2018年11月15日に新しいビットコインのティッカーシンボルBSVが誕生しました。 

要するに、BSVは2008年にサトシ・ナカモトが想像したあの電子現金システムであり、BTCのような投機的な資産ではなく、現在のBCHのような中間的なものでもないことを望んでいるのです。 

実際、その作成者であるクレイグ・ライト博士は、BSVを本当のオリジナル・ビットコインだと考えていますが、BTCは時間の経過とともにオリジナル・プロジェクトでは予測できなかった制限を導入したフォークだと考えています。 

このため、BSVの開発者は、支払い手段として誰でも利用できるようにするために、取引通貨としての暗号通貨の使用の実用的な側面に主に取り組んでいます。 

つまり、BSV、BTC、BCHはコードの大部分を共有していますが、BitcoinSVは、日常的な通貨として大衆に利用されることを最も熱望しているものなのです。 

ソース
cryptonomist



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。