image_search_1599098705670
ビットコインのオリジナルデザインと銀行が連携する方法

銀行は長い間、デジタル通貨やその他の資産を警戒してきましたが、銀行は今、BitcoinSV(BSV)として生きているオリジナルのデザインによって作成された新しいビジネスチャンスを受け入れ始める時期に来ています。

Bitcoin SVは現在、ブロックチェーンをスケーリングして、より大きなデータ容量、膨大なトランザクション量を高速かつ低取引手数料で処理するようになっています。 また、KYC、AML、その他の法令遵守を促進する規制フレンドリーなエコシステムを構築して、ビットコインを影の部分から脱却させ、世界的な採用に向けて光の中に入れようとしています。

では、銀行は誠実なタイムスタンプ台帳と大規模なスケーリング能力を提供するビットコインネットワークで何ができるのでしょうか?


消費者向け決済
銀行は、最も効率的なグローバル・デジタル通貨としてBSVを採用することができ、送信にかかるコストはわずか1セント以下です。国内や国境を越えた即時の支払いを可能にします。  銀行は、顧客、加盟店、そしてBSVを使った新しいデジタル・ペイメント・サービスのためのビットコイン・ウォレットをサポートすることができます。


送金
BSVのタイムスタンプ付き台帳は、国際送金をより速く、より安くするための決済レールと決済システムとして機能し、BSVブロックチェーンは顧客のために、より効率的な送金と海外支払いの選択肢を作成することができます。


クリアランスと決済
金融機関とその企業顧客は、決済のためのより迅速で低コストのプロセスから恩恵を受けることができます。 このようなシステムによる効率性は、銀行にとっても明らかにメリットがあります。


マイクロファイナンス
ブロックチェーン技術は、銀行が中小企業や銀行のない商人、発展途上地域の消費者にマイクロファイナンスを行うことを、より経済的に実現可能にします。 マイクロローンは、借り手の継続的な収入の一部を自動的に貸し手に返済するスマートコントラクトを設定することができ、返済のスピードアップと貸し手の回収コストの削減につながります。

実在する資産のトークン化
Bitcoin SVエコシステムは、貴金属や商品、株式、債券、デリバティブ、仕組証券などの金融商品など、実物資産のトークン化をサポートしています。 銀行は、顧客のために資産のトークン化の最前線に立つことができ、その結果、新しいビジネスモデルを活用することができます。


銀行にとって、ブロックチェーン技術の新しいビジネス用途のケースは、銀行と政府を強化する(というよりはむしろ弱体化させる)公正な取引台帳のためのビットコインのビジョンと一緒に達成されるのがベストです。 インターネットプロトコルがデジタルコミュニケーションと電子商取引の新時代を切り開いたように、ビットコインプロトコルは、カストディ、送金、資産のトークン化、スマートコントラクト、金融商品の新しいパラダイムへの扉を開きます。

ソース
BAI



20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。