image_search_1599626737287
BitcoinSVウォレットのCentbeeが銀行出金を開始

人気のBitcoinSVウォレットCentbeeで、ユーザーが直接銀行口座に資金を引き出すことができるようになりました。

最新のサービスは、現在公共料金の支払いを含むCentbeeのオフランプオプションのスイートを拡張します。


Centbeeの共同創業者アンガス・ブラウン氏は最近、ユーザーにあらゆる金融ニーズに対応したワンストップショップを提供しようと、オフランプのオプションに力を入れています。 6月には、Centbeeは南アフリカのユーザーがCentbeeアプリから直接、通信時間、データ、電気代を購入できるようにしました。

「銀行口座への現金引き出しの開始は、Centbeeを拡大する」とアンガス氏は述べています。

Centbeeは、より多くのユーザーをそのプラットフォームに乗せるためのユニークな方法に取り組んでおり、ユーザーのためのオンランプとして南アフリカの小売業界を統合しています。

ユーザーは南アフリカの80,000の小売業者のいずれかで現金またはカード決済を通じてCentbeeアプリをロードしBSVを購入することが可能です。また、銀行口座から直接BSVを購入することもできます。

当社は将来に向けて大きな計画を持っており、次のように明かしています。アンガス氏は「当社の次の焦点は国際的なもので、今後数ヶ月の間にほとんどの主要市場で銀行カードからBSVを購入できるようにする予定です。 当社はすでに BIP-270 に完全に準拠しているため、世界中の顧客は、どのオンライン加盟店でも BSV を利用することができます」と述べています。

またAnyPayをeGifter.comに統合することで、Centbeeのユーザーは、Uberの乗車料金を支払ったり、iTunesのサブスクリプションを支払ったりすることもできます。

「我々は、加盟店がBSVの支払いをすることがいかに簡単で安価であるかに気づくにつれて、その機能が飛躍的に成長することを期待しています」と述べています。 悲しいCOVID-19のパンデミックからの明るい兆しは、eコマースとQR決済の目覚ましい成長であり、BSVのためのステージを設定しています」とアンガス氏は述べています。

Centbeeは、特にアフリカでのBitcoin導入の推進をリードし続けています。 公共料金の支払いと現在の銀行の引き出しに加えて、ユーザーはCentbee Remitで国境を越えてお金を送ることもできます。 同サービスは南アフリカとナイジェリア間の支払いを処理してきた。 アンガス氏が明らかにしたように、反響は圧倒的で、前月比で取引量が倍増しています。

同社の地道な努力が世界的に評価され、Centbeeの最高財務責任者であるロバート・グラハム氏は、2020年6月に「Bitcoin Transactions CFO 2020 Award」を受賞しています。

ソース
CoinGeek


20181103_2130_58085

Satoshi Visionの略であるBitcoin SVは、サトシ・ナカモトのオリジナルBitcoinホワイトペーパーのビジョンを実現するという、明快で明確な使命を持っています。BSVのロードマップは、Bitcoinの元のSatoshiプロトコルを復元し、安定した状態に保ち、大規模に拡張できるようにし、大企業が自信を持ってBSVブロックチェーンの上に構築できるようにすることです。